2008年07月23日

キチン・キトサンの歴史

イカキトサンに代表されるキチン・キトサンの歴史をご紹介します。

キチンは、1811年にフランスのブラコノーによってキノコから単離され、ファンジンと命名されていましたが、その後、オヂールによって、ギリシャ語の「封筒」を意味する『キチン』と命名されて現在に至ります。

その後、1859年にユーゲによりキトサンが発見され、1894年にホッペ・ライザーに『キトサン』と命名されました。そして、1977年には第1回キチン・キトサン会議が米国で開催され、世界的に注目を浴びるようになりました。

イカキトサンに関してのお問い合わせは、こちら
posted by キトサン at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。