2008年04月25日

キチン・キトサンの体内吸収のメカニズム

キチン・キトサンは、分子量100万以上の食物繊維で、腸管からは吸収されないと思われますが、ウサギを用いた実験で、40〜44%が吸収されることがわかっています。

キチン・キトサンの吸収のメカニズムは、腸内細菌や植物に含まれる分解酵素によって分解された後、腸管から吸収されると考えられます。

イカキトサン(βキトサン)に関してのお問い合わせは、コチラ
posted by キトサン at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンの特性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41285340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。