2008年04月30日

キチン・キトサンの生体内での代謝

キチンは、キチナーゼやリゾチームによって分解されてアセチルグルコサミンになります。その後、解糖系でグルコーゲンへ転換し、TCAサイクルを通過してエネルギーを生成します。

一方キトサンは、キトナーゼで分解され、生じたグルコサミンは、キチンと同じ解糖系に組み込まれて代謝されます。

イカキトサンに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by キトサン at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンの特性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。