2008年05月19日

キチン・キトサンと高血圧(2) キチン・キトサンの血圧低下作用

キチン・キトサンと高血圧

(2)キチン・キトサンの血圧低下作用

○確認されたキチン・キトサンの効果
水産庁の委託により、愛媛大学の奥田教授、広島女子大学の加藤教授らの研究グループが行った動物実験では、正常ラットと自然発病高血圧ラットに食塩とアルギン酸(食物繊維)を与えたところ、アルギン酸の投与によってナトリウムの糞排泄は増加しますが、血圧上昇は抑制されませんでした。

その後、キトサンを投与すると塩素の糞排泄を増加させ、血中アンジオテンシンT変換酵素活性が低下、正常ラット、高血圧ラットのいずれも血圧上昇が抑制されました。

一方、ヒトの実験で、健康成人男性7人に高塩食を食べさせて、1時間後と3時間後に採血し、食前の摂取採血と比較しました。1時間後の血液中には塩素が上昇しており、ナトリウム量は変化がありませんでした。アンジオテンシンT変換酵素は活性化されていました。3時間後には全員、元通りの値に戻っていました。
1週間後、全員に同じ実験を行い、今度は食事の直後にキトサンを使用させると、1時間後、3時間後とも塩素は増えておらず、アンジオテンシンT変換酵素の活性化も起こらずに、血圧の上昇が起こりませんでした。

血圧低下作用のあるキチン・キトサン(β型キトサン)に関してのお問い合わせは、コチラ
posted by キトサン at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンの働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43267679

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。