2008年06月11日

キチン・キトサンと糖尿病(2) キチン・キトサンの血糖に対する働き

キトサンには血糖値を下げる作用があることが、臨床結果から確認されています。
糖尿病を治療している際、キトサンを食事療法・インスリン注射とともに併用することで、インスリンの感受性を高め、血糖値を平常値に近い状態に保つことができます。

また、キトサンは食物中の脂質を排泄し、カロリー摂取量を抑える効果や、コレステロール、中性脂肪を下げる働きもあることから、肥満を防止することにつながり、細胞のインスリンに対する反応も良くなって効果が現れます。

血糖を下げる働きのあるキトサンに関してのお問い合わせは、コチラ
posted by キトサン at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンの働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47718892

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。