2008年06月23日

キチン・キトサンのその他の効果(2)

(2)細胞内のエネルギー代謝を活性化

キチン・キトサンにより細胞間質液pHが上昇し、インスリン作用が増強すると、血糖の細胞内への取り込みが促進し、細胞内のエネルギー代謝が活性化されます。

血糖を代謝し、エネルギーを引き出すことに関与する酵素の多くが、pH7.0以上のアルカリの条件で高い活性を示す性質を持つことから、インスリンによって細胞質pHが上昇することで、細胞内に取り込まれた血糖の代謝が活性化されることになります。

イカ由来ベータ型キトサンのお問合せは、コチラ
posted by キトサン at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | キチン・キトサンの働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50256423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。